授業プラン「友だちの顔をえがこう」の実践記録

6年生:2007年4月

3年生:2007年1月

授業者:箕野 越好

※以下表示に当たっては、図中のサインを消去しています

うまくかける方法

今日、図工の時間に友だちの顔をかきました。ぼくは、省吾君の顔をかきました。うまくかけるかなと思っていました。でも、箕野先生がうまくかける方法を教えてくれやったので、うまくかける自信がつきました。それは、顔のでかさとかを測ったりして、うまくかけました。

けっこううまくかけたのでうれしかったです。また、かきたいです。

(4月17日㈫ 6年生)

むずかしかった友だちの顔

今日の1・2時間目、図工で友だちの顔を描きました。描く相手は、美沙香ちゃんでした。一番むずかしかったところは、鼻と目でした。鼻では、大きさを測っていても、鼻が大きくなったり小さくなったりして、合わせるのがむずかしかったです。目では、左右の大きさが合わなかったり、目の形がおかしくなったりしたけど、しっかり描けてよかったです。みんなに見せると、「上手だね!」とか言ってくれて、うれしかったです。

(4月17日㈫ 6年生)

6年生作品(グレースケール表示)

6年生作品(グレースケール表示)

3年生作品(モノクロ2階調表示)

3年生作品(モノクロ2階調表示)

3年生作品(モノクロ2階調表示)

3年生作品(モノクロ2階調表示)