授業プランの表紙をクリックすると全ページがご覧いただけます。

※ 閲覧用ですので、印刷および編集はできません。

※ ご覧いただくには、アドビリーダー(Adobe Reader フリーソフト) がインストールされている必要があります。

2通りの購入方法について:

各テキストの説明文末の「ご購入はこちらから」は、クレジット決済により、テキストを即ダウンロードしていただけます。
ゆうちょ銀行への振込をご希望の場合は、こちらからお申込み下さい。

※詳しくはこちらをお読み下さい。

「3けたのたし算」(小学校2・3年生)

この授業プランでは、222+222型のような、それさえわかれば一般的原理をつかめるような典型的な複合過程から指導を始めます。この計算の型が水源地になります。この型から派生するものとして、0を含む型(特殊型)へと進み、上位の位が0のために位が欠ける退化型へと指導を進めます。いわゆる「水道方式」と呼ばれる計算練習の順序です。……(A5判 88ページ 研究協力費900円)

ご購入はこちらから

「3けたのひき算」(小学校2・3年生)

この授業プランでは、999−222型のような、それさえわかれば一般的原理をつかめるような典型的な型から指導を始めます。この計算の型が水源地になります。この型から派生するものとして、0を含む型(特殊型)や、上位の位が0のために位が欠ける退化型へと指導を進めます。いわゆる「水道方式」と呼ばれる計算練習の順序です。最後は「おじいさん型」と言われる位をまたいでくり下がる型の学習をタイルを使って丁寧に進めます。(A5判 105ページ 研究協力費1000円)

ご購入はこちらから

「分数とのであい」(小学校3年生以上)

分数を「…に分けた〜分」と教えていませんか? 2年生で分数の形を割合分数として習った子どもたちは、3年生で習う量分数に躓いてしまいます。分数は、ある決められた大きさを元に、対象の大きさをはかる際に生じた半端な大きさを測り切るために生まれました。分数の元来の意味を折り紙を折りながら探究します。(A5判 42ページ 研究協力費400円)

ご購入はこちらから

「わり算とのであい」(小学校3年生)

1当たり量を求めるわり算で導入します。わり算の具体的な操作を、タイルを水槽図に分けることで抽象化します。式の下にかけ算九九の式を書いて、答えを求めます。わる数とあまりの大きさのきまりにも触れます。(A5判 42ページ 研究協力費400円)

ご購入はこちらから

「いくつ分をもとめるわり算」(小学校3年生)

具体的な操作を経て、いくつ分をもとめる計算もわり算であることを知らせます。いくつ分を求めるわり算で子どもたちが最も躓きやすい商とあまりの処理について考えます。かけ算と2つのわり算をタイル図で表し、「かけわり図」の原型に触れています。(A5判 32ページ 研究協力費400円)

ご購入はこちらから

「重さを量ろう」(小学校3年生以上)

重さがない物を考えるところから学習が始まります。同じ重さの紙の一方を丸めて落下させると、丸めた紙の方が早く落ちるのを見て、子どもたちはどう思うのでしょうか。体重計に載って、「軽くなれ」と祈ると、はたして体重は軽くなるのでしょうか。ジュースを飲むと、その分の重さは体重になるのでしょうか。重さの保存性など、実験を通して重さについて学んでいきます。また、kgで重さの単位を導入し、1Lの水の重さを1kgとしたことに触れます。算数と理科を合科的に扱います。きっと算数(理科)が好きになるテキストです。実践記録付。(A5判 62ページ 研究協力費600円)

ご購入はこちらから

「手ぶくろを買いに」(小学校3年生後期以降)

新美南吉の代表的な作品のひとつです。 最初の通読はしないで順次読み進んでいきます。「ひとり読み」では「書きこみ」を、「集団読み」では「話し合い」を中心にして、文章を具象化⇄抽象化、分析⇄総合しながら、豊かで確かな読みをめざします。 関心のある方は、こちらをご覧下さい。(A5判 69ページ 研究協力費700円)

ご購入はこちらから

「友だちの顔をえがこう」(小学校3年生以上)

目から頭のてっぺんまでの長さと、目からあごの先までの長さをくらべると、どちらが長いのでしょうか。実測するとほぼ同じ長さなのですが、子どもたちは、必ず目からあごの先までを大きく描きます。これは、表情の中心がそこにあるからですが、このために目から上の髪形などの個性を描ききることが難しくなり、顔全体のバランスも崩れてしまいます。また、普通子どもたちは輪郭から顔を描き始めますが、このテキストでは顔の部分から描き始めます。どの子も上手に描けるように所々立ちどまって話し合いながら、観察して確かめながら、描きます。(A5判 21ページ 研究協力費400円)

ご購入はこちらから

「わり算の筆算」(小学校3年生以上)

筆算形式をタイルでのわり算操作に対応させて説明しています。また、商が0になる2種類の割算を文章題で考えさせます。1桁同士の割算では、商が4よりも大きくなることがないことにも触れています。また、なぜ十の位から一の位へとわり進むのかを、子どもの身近なお菓子「ぷっちょ」も使いながら考えます。下がり九九で商を見つけることにも触れています。(A5判 62ページ 研究協力費700円)

ご購入はこちらから